top image

レイキは誰の身体にも流れている

実は、皆さんは生まれる前から、お母さんのお腹にいるときから、レイキが身体を流れています。これ、身体の生理的な機能なんです。アチューメントを受けないとダメとか、回路を開いてもらわないとダメとか、それは全くの誤解なんです。

〇 レイキは誰にも流れている

レイキは誰の身体にも自然に流れているエネルギーですから、文字通り誰でも使う事が出来ます。そもそも、人間だけではありません。動物、植物、昆虫でもレイキが流れています。レイキは実は生き物に共通なエネルギーです。「私にもレイキが流れているのだろうか?」と疑うこともありますが、皆さん、お母さんのお腹の中に居るときからレイキが流れています。そして、人であれば目的を持って手を当てるという行為が出来ますから、人間は一番レイキを使いやすいですね。

〇 ネットはウソが満載

あなたはこのサイトを訪問される前に、他のレイキのサイトをご覧になっているかもしれません。そこにはもしかしたら、こんなニュアンスのこと書いてありませんでしたか?
   〇レイキは回路を開いてもらわないと出来ない
   〇レイキはアチューメントを受けないと使えるようにならない
と書いてあったら、それは誤りです。レイキは、もともと皆さん生まれつき使えるものです。皆さんの身体にはいつもレイキが流れています。単に人によって多い少ないがあるだけなんですね。生まれつき皆さん「回路」は開いているとも言えます。

〇 なぜ誤解が生まれるの?

では、なぜそんな誤解が生まれてしまったのでしょうか? これは仁科の想像になりますが、2つの理由が考えられます。

1つは、欧米にレイキが伝わったときに、皆さん信じれなかったからでしょう。欧米、つまりキリスト教圏では、人間は誰もが原罪という罪を生まれながらにして背負っていて、そのまま自分一人では、素晴らしいことは出来ないし、だから救済されなければならない、という発想です。キリスト教でも「手当て」「安手」というものが出てきますが、それはあくまでイエスキリストのような特別な聖人が出来るものであって、一般のただの人が出来るものではありません。逆に、ただの一般人が手当てが出来るのは、悪魔の力だと捉える宗派もあるぐらいです。しかし、レイキというか、伝統靈氣では、誰でも人を癒したり病気を治す能力を生まれながら持って生まれてきていると考えます。

ですから、欧米にレイキが伝わったときに、「何もしないのに、そんな素晴らしいことが出来るはずがない」と思われて、それならばマスターがその力を授けるということにすれば、信じてもらえるということになったのではないかと思います。つまり欧米では「レイキはもともと持っている皆さんの能力ではなくて、特別なマスターから授けられた外部の力」と考える傾向が非常に強いです。

しかし、この考え方は事実全く反していて、誤りです。私はこれまで述べて4,000人以上の人にレイキを伝授してきましたが、アチューメントを受ける前からレイキが出ている人は少なからずいらっしゃいますし、「以前から何となく手から何か出ているように感じていた」という人もいらっしゃいますし、むしろ誰でもある程度のレイキが初めから出ている、というのが私が皆さんに教えた実感です。ですから、これは事実として「もともと誰でもレイキが多かれ少なかれ流れている」のです。

もう一つは商業的な理由でしょう。自分一人では使えるようにならないから、お金を払ってマスターからアチューメントしてもらって、使えるようにしてもらうという考えです。そうしないと出来るようにならないというのは、これで商売をしようと考える側にとっては非常に好都合です。ですから「アチューメント受けないと出来るようになりません、私にお金をくれれば大丈夫」という感じでしょうか。もちろん、別な意味でレイキの講習はお金を払う価値があるのですが、アチューメントを受けないと出来るようにならないわけではありません。

〇 人によってのレイキの多い少ない

ただし、問題はその量です。人によって初めから沢山出ている人もいれば、少ししか出てない人もいます。実は、人によってレイキの流れには差があるのです。レイキの流れが良くないと、手を当てて使ったときの効果も出にくくなります。この量の違いは、その人の身体の状態、心の状態によります。一般的には、身体も心も健康な人のほうが沢山出ると思います。

では、レイキの流れの良くない人はどうしたらいいかというと、それがアチューメントです。アチューメントは別ページで説明していますが、一種のヒーリングで、その人のレイキの流れを短時間で良くしてあげるものです。これを1日の講習で3回ぐらい受けます。そうすると、その人の身体のレイキの流れが良くなり、沢山出るようになるのですね。まあ、そういう現象もあって「アチューメント受けないとダメ」という誤解が生まれのかもしれませんが。いずれにしろ、流れの悪い人はアチューメント受ければ沢山出るようになります